締め切りなければ全部お蔵入り

何事も締め切りがなかったらお蔵入りだと思う。
こたろさんと二人でブログを書き始めた時、なんでブログを書きたいかとか、誰に読んで欲しいかとかについてあれこれやり取りした後に、ブログを投稿するにあたって締め切りを設けた。
締め切りが無いときっと更新がなあなあになってブログ自体をやめかねないからだ。
そう決めてから僕たちはお互い隔週投稿という方針をとって、少なくとも日曜に必ず1つの投稿をするようにしている。
そうやって時間まで決めることで、隔週で個人に具体的な締め切りが迫ってくるのだが、いざ始めてみると隔週投稿ということもあって作業の負担は思っていたより少なかった。
しかし作業時間とは別に投稿するにあたって記事の内容を見返して、「これでいいのだろうか?もっとよくできないか?」といった考えがどうしても出てくる。この投稿はうまく書けなかった気がするからとりあえずお蔵入りにして別のもの書こうとか思い始める。
でもそこで一度踏みとどまる。実際別の内容を書き直したところできっとクオリティはそこまで変わらないのだ。そこで別の内容に逃げてしまうことは自分の今の実力から目を背けているだけだと思った。
それに気がついてからは締め切りをよりポジティブに捉えられるようになった。
時間内で頑張ったものが結局自分の実力なのだ。期限があるからこそ、それ!とアウトプットを表に出すことができる。だから逆に言えば期限がなければほとんどのもは、満足いかないまま結局表に出ずにお蔵入りで終わると思う。
あれこれ考えずに、アウトプットを増やしながら自分の実力を更新していくしかないのだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA