気持ちの良い人間と察しの良い人間

仕事をしていて、とても思う。
世の中には「気持ちの良い人間」や「察しの良い人間」がいる。
と同時に、残念ながらその逆も存在する。

 

仕事をしていると、他人に対して何かしらの思いを抱くことががたくさんある。
「この人はすごいな」とか「こいつ頭良いなあ」とかポジティブなものもあれば、「こいつは出来るだけ関わりたくない」みたいなネガなやつもある。
ただ、実際はそういう思いの多くは、能力的な部分よりも人間的な部分に依存するんじゃないかと思う。

 

「気持ちの良い人間」は、朝ちゃんと目を見て挨拶してくれるし、チャットでのやり取りも何となく愛嬌がある。
何かをお願いした時に、それに対して理解が出来ているか否かがハッキリ分かるし、理解出来ていなければいないで、そうと示してくれる。
こちらが何かをしてあげた時には、どんな小さなことでも「ありがとう」とお礼が飛んでくる。
余計なことは言わないけど、気にかけてくれる言葉はくれる。

 

「察しの良い人間」は、何か伝える時のこちらの背景まで想像を巡らせて理解してくれる(少なくとも、しようとしてくれる)。
何で今それをお願いしているのか、そういう状況だとどういう返し方がこちらとしては嬉しいのか。
誰かに何かを依頼する時には、何を/いつまでに/どうやって/どのくらいのクオリティでアウトプットしてほしいかを明確に伝えるべきだとは理解しているが、正直ある程度は汲み取ってほしい感は否めない。

 

でも、こういうのって結構人間的な部分だから、正直相手が変わることはそんなに期待できない。
仕事で関わる人は、概ねもう人格が形成され切っている人間である場合が多いから、あんまり人間的な部分を変えていくような接し方はさすがに出来ないし、そもそもよっぽどのことがないとそこに自分のリソースを割きたいとも思わない。

となると、やっぱりそういう人は貴重だし、優秀なんかじゃなくても、それだけで一緒に働きたいって思う。
かつ、強いて言うのであれば、僕は「察しの良い人間」か「気持ちの良い人間」でどちらかを選ばなきゃいけないなら、「気持ちの良い人間」だなあ。

まずは、私がそうならないとですな!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA